ネステナーを使うと事故が減るって本当?

ネステナーは倉庫事故を最小限に防げるって知ってた?

荷物を効率よく保管できるとして便利なネステナー。簡単に倉庫内のレイアウトを変更できるし、荷物の積み運びも楽なネステナーを物流・倉庫業者で導入してないところはほぼありません。

そんなネステナー、導入すると倉庫内での事故が減るのはご存知でしょうか?なぜ事故が減るのか、それにはこんな理由があるからなんです。

荷物を落とす瞬間

保管状態が良いから荷物破損の事故が減る

倉庫内での事故で一番多いのが、荷物保管での事故じゃないでしょうか。今までは倉庫に荷物を沢山保管できるようにするために、荷物の上に荷物を積み重ねて保管してる事が多かったですよね。

しかし、一番下になる荷物を潰れにくい頑丈なものにしたとしても、100%荷物が破損しないなんて事はありえないですよね。
荷物をどんどん積み重ねていった結果、下に置かれた荷物が重さに耐えきれずに潰れて破損してしまった、なんて事故が頻繁に起こっていました。

その事故を防げるのが、ネステナーなんです。ネステナーは下部に棚があるため、その棚が荷物の重さをしっかりと支えてくれます。

倉庫にネステナーを3つほど縦に積み重ねて、そのネステナーの中に荷物を積めば、最高でも5~6つほどの荷物の積み重ねで済むので、下に置かれた荷物が破損する事はほぼありません。

荷物の積み重ねによる破損事故、ネステナーを導入すれば、この事故が大幅に減るというメリットがあるんです。

地震でネステナーが破損する心配もなし

地震が起きるとその揺れの影響で荷物が破損する事も多く、倉庫内での重大な事故になりがちですよね。ネステナーは耐震性が高いので、地震が起きてもネステナー自体が破損する事はありません。

また、今は耐震金具も沢山販売されてるので、それを利用すればもっと耐震性はアップします。その為、地震でネステナーが破損して荷物がダメになってしまった、という事故は起きないので安心なんです。

ただし、地震の揺れによって中に置かれてる荷物が落ちてくるのは避けられないので、それを防ぐために荷物の置き方を変えるなど工夫は必要になります。

ネステナーを導入したら倉庫事故が減るのがメリット

積み重ねのせいで荷物が潰れる、地震のせいで荷物が破損する。倉庫内で起きやすい事故を防げるのがネステナーの最大の特徴で、このメリットがあるから物流・倉庫業者はネステナーをどんどん導入しているんです。

倉庫に導入したら間違いなく便利なので、自分の倉庫にネステナーを導入しようか悩んでいるなら一度レンタルでネステナーを借りて、その使い勝手の良さを体感してみてはいかがでしょうか。